相続放棄で気をつけることは?

遺産を調べたら「プラスの遺産よりマイナスの遺産が多かった!」、となったら誰もが検討するのが「相続放棄」ですね。

この相続放棄、三か月以内にしないといけない、というのはご存じかと思います。

最初に多くの方が勘違いしがちなのは「いつから」三か月以内なのか、というところです。
被相続人が亡くなったときからではありません。
「自己のために相続の開始があったことを知ったときから」(民法915条)です。
つまり、自分が相続人になったことを知ったときからなのです。

例えば、父親とは遠く離れたところに住んでいて、何年もほとんど行き来しておらず、父が亡くなったことをまったく知りませんでした。
ところがある日、親戚から「あんたのお父ちゃん亡くなったよ!」と手紙で連絡が来て初めて知った場合、この手紙を受け取ったときになります。

もしくは、伯父さんの臨終に立ち会って、亡くなったことは当日に知っていたとします。伯父さんには子供が二人いるので、当然自分は相続人ではないと思っていました。ところが、伯父さんの負債が多額で、この子供たち(従兄弟)が後日、相続放棄をしてしまいました。
「すまん、相続放棄したから、あんたに相続権が行くことになったんで後はよろしく!」と従兄弟から連絡が来たら、この連絡が来たときになるわけですね。


家庭裁判所に提出する相続放棄申述書という書面に、相続の開始を知った日付を記入する欄がありますので、この日付はきちんと覚えておきましょう。

さて、本題に入りましょう。相続放棄で気をつけないといけないことはなんでしょうか。

単純承認に当たる行為をしないで

亡くなる前から、どうも負債が多そうだな、相続放棄しないといけないだろうな、と薄々感じていたら、「単純承認した」、とみなされる行為をしないように気をつけましょう。
また、そう感じていなかったとしても、思わぬところから多額の借金が見つかることもありますので、相続手続に入る前に、プラスの財産とマイナスの財産をきちんと調べましょう。
以下に挙げる、「単純承認した」とみなされる行為をすると、相続放棄ができなくなってしまいます。

<単純承認したとみなされてしまう行為の例>
①被相続人(相続される人)の預貯金を引き出して使い込む
②被相続人の口座から常識の範囲を超えた葬儀費用を支払う
③被相続人がアパートなどを経営していた場合、その賃料の振込口座を相続人名義に変更
④不動産の登記名義を相続人に書き換える
⑤車や不動産を売却する
⑥被相続人の有していた債権の取り立て(例えば、父が知人に貸していたお金を取り立てる)をする。
⑦被相続人の財産をどこかに隠す

悩ましいのが「家財の処分」ですね。被相続人が賃貸住宅に住んでいて、大家さんから「家財をどうにかしてくれ。」と言われた場合に処分してしまってよいのか?・・・「処分」をしたら単純承認とみなされてしまうので、うかつに相続人が処分するわけにもいかないし、でもそれだと大家さんは困りますし。可及的速やかに相続放棄の申述をし、相続財産管理人選任の申し立てをして、相続財産管理人に財産を引き渡すより他ないかと思われます。

◇受け取れる財産と受け取れない財産がある

相続放棄をすると相続人が受け取れるものと受け取れないものがあります。
以下のものを相続人が「払ってください」と言って受け取るとやはり単純承認とみなされる可能性があるので気をつけましょう。

<相続放棄をすると受け取れない財産>
①被相続人が受取人となっている入院保険金や障害保険などの保険金
②一括払いしていたが、亡くなったことにより払い過ぎになってしまった保険料や所得税、住民税、年金等の還付金
③被相続人のまだ支払われていない給与

<相続放棄をしても受け取れる財産>
相続放棄をした人が受取人として指定されている死亡保険金
 
受取人が「被相続人」と指定されていたら受け取れない財産になりますので、注意してください。
②国民健康保険、健康保険組合などからの葬祭料・埋葬料
③遺族年金・寡夫年金・死亡一時金
④未支給年金(まだもらってなかった分の年金)
⑤社内規定上、「本人が亡くなった場合遺族が受け取る」と記載がある死亡退職金
⑥お香典
⑦仏壇、お墓、位牌
 相続放棄され、相続財産管理人が家に入ったら被相続人のお骨もそのまま机の上に置き去りにしてあった、なんて話を聞いたことがありますが、お骨は放置しないでください。お骨をお墓にしまっても(海に散骨でも)処分にあたりませんのでご安心を。

相続放棄の申述をして受理されると、「相続放棄申述受理通知書」という書面がもらえます。この通知書は一回きりしか発行してもらえません。
ただし、紛失した場合には「相続放棄受理証明書」が150円(収入印紙で支払います。)で発行してもらえます。通知書を無くしてしまった場合にはこの証明書の方を発行してもらって被相続人の債権者に提示しましょう。

◇相続放棄をしたら次順位の相続人にすみやかに必ず連絡を入れる

例えば父親の遺産を妻及び子全員が放棄したら、父の親、つまり祖父母が相続人になります。祖父母が既に亡くなっている又は同じように相続放棄したら父親の兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹が亡くなっていたらその子、つまり父親からみて甥姪が相続人になります。
このように相続を放棄すると最初から相続人でなかったものとみなされるので、財産が次の相続人に順番に移動していくので、次の被相続人も相続放棄の申述を家庭裁判所でしなければなりません。

「相続放棄をしたからあなたのところに借金が行ってしまう、だからあなたも相続放棄の申述を、どんなに遅くても三か月以内に必ずやってね!」と必ず伝えましょう。
連絡をしておかないと、その人のところに突然債権者が「借金払え!」と行ってしまいます。多額の借金が自分のところに回ってきていることをしらないその人は「何のことですか?」となりますよね。大トラブルに発展してしまいますので気をつけましょう。

◇相続放棄をしたらもう何もしなくてよい?

さて、相続放棄の申述も受理してもらったし、これで安心。・・・というわけにはいきません。

被相続人の財産をそのまま放置ですか?実家を空き家で何年も放置したら危険ですよね。借家だったら、中の家財を処分してもらえない大家さんは大変困ってしまします。

法律では「相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない」(民法940条1項)で規定されています。

つまり、相続放棄を順番にしていって最後の人まで相続放棄をし、その後相続財産管理人が選任されるまでは、きちんと管理しておかないといけないのです。

放棄、と簡単に言うけれど意外と面倒だな、という印象をもたれたのではないでしょうか?