遺言信託と遺言代用信託って何?

最近、銀行などで「遺言信託」「遺言代用信託」もしくは「○○信託(トラスト)」と書かれたチラシを見かけることが多いと思います。
資産承継に関心がある方は手に取って内容までご覧になったことがあるかもしれませんね。

ところで、銀行などの金融機関が使っている「遺言信託」「遺言代用信託」という言葉が、法律上の「遺言信託」「遺言代用信託」とは違うことはご存じですか?「遺言信託」と「遺言代用信託」がどう違うのかもよくわからない、と思ったことはないですか?

まずは、法律上の「遺言信託」「遺言代用信託」について説明したいと思います。

「遺言信託」とは、遺言書によって設定する信託です。
具体的には、遺言の中に
①受託者(財産を託され、信託の目的達成のために信託財産の管理・処分等を行う人)に対し、財産の譲渡、担保権の設定その他の財産の処分をする旨
②受託者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他のその目的の達成のために必要な行為をする旨
を入れておきます。

遺言書によって信託が設定されているので、受託者は、遺言した人の相続人や遺言執行者から信託の引受けをするかどうかを聞かれて、初めて受託者として指定されていることを知ることになります。
では、いきなり「これからこの財産の管理とか処分とか、お願いしますね。」と言われて拒否はできないのでしょうか?
大丈夫です。引受けは義務ではないので、引受けを断ることができます。
引受けを断られたら、遺言した人の相続人や遺言執行者などの利害関係人は、裁判所に申し立てて別な受託者を選任します。

「遺言代用信託」とは、信託を遺言代わりに使うものです。
遺言で財産を受取る人を定めるのではなく、信託の条項の中で、自分の死亡後の受益者(信託の利益を受け取る人)や信託終了後の残余財産の帰属権利者(つまりは受取る人)を定めておくことです。


次に、銀行などが取り扱っている「遺言信託」「遺言代用信託」などについて説明したいと思います。

まず、こちらの「遺言信託」は「遺言書信託」と言い換えた方がわかりやすいと思います。
内容は「遺言公正証書作成のサポート+遺言公正証書の保管+遺言執行」であることがほとんどです。
法律で言うところの「信託」とは違うものです。
結局、遺言書作成の相談と遺言執行を、弁護士、司法書士、行政書士等の法律専門家に依頼するのではなく、依頼先を銀行にするだけのことと言ってよいでしょう。

「遺言代用信託」(りそな銀行だと「マイトラスト」「ハートトラスト」と言った商品名が付けられているようです。各銀行により商品名は異なります。)は、あらかじめ一定の金銭を金融機関に預けておき、本人(委託者)が病気で動けなくなったり、死亡した後、指定した家族や代理人がお金を受取れるようにしておくものです。

以下にまとめた表を載せます。

遺言信託

内容家族信託(民事信託)金融機関の商品
概要遺言の中に信託の条項が入っている遺言書の作成支援、保管、執行のパックサービス
対象財産ほぼ制限なし金融機関により異なる
受益者制限なしなし(信託法上の信託ではないので)
信託報酬
(受託者に払う報酬)
0円でも可信託報酬ではなく、遺言書の作成、保管、執行の手数料













遺言代用信託

内容家族信託(民事信託)金融機関の商品
概要信託行為において、委託者が死亡した後の受益者や残余財産の帰属権利者を定めておくことで、遺言と同じ効果をもたらす仕組みあらかじめ一定の金銭を金融機関に預けておき、委託者が病気になったり死亡した時以降に、指定された家族や代理人が一時金や定期金を受取ることができる仕組み
対象財産ほぼ制限なし通常は金銭に限られる
信託金額制限なし通常は上限や下限がある
受益者制限なし通常は推定相続人に限られる
信託期間制限なし通常は制限あり
中途解約信託行為の定め次第で、いつでも信託を終了させることが可能基本的に不可
信託報酬(受託者に払う報酬)0円でも可管理報酬、運用報酬などが必要