自筆証書遺言の方式緩和について

2019(平成31)年1月13日より自筆証書遺言の方式が緩和されます。

現行
①全文、日付、氏名をすべて自書(つまり自分で手書き)
②財産目録もすべて自書
③加除(書き加えたり、一部削除したり)訂正が厳格

改正後
①財産目録を添付する場合、その財産目録は自書しなくてよい
具体的には、
・財産目録は、ワープロ作成、第三者による代筆でもよい。
・登記事項証明書、預貯金通帳や証書の写しを添付してもよい。
・ただし、すべての財産目録に、署名、押印が必要
(財産目録が複数枚や両面に及ぶ場合、各ページごとに署名押印が必要)
②加除その他変更する場合、遺言を書いた本人がその場所を示し、変更した旨を付記して署名し、かつ変更の場所に押印しなければならない。
・訂正印は、当初作成した当時と異なる印鑑でもかまわない。
・財産目録の加除訂正は自筆によらない方法でもかまわない。

※自書によらない財産目録の添付は、2019(平成31)年1月13日以降に作成した自筆証書遺言でないと有効にならないので、お気を付けください。