特定贈与信託とは

特定贈与信託は、障碍をお持ちの方の生活の安定を図ることを目的として、親族の方などが信託銀行等に財産を預け、信託銀行等がその財産を管理するものです。
信託銀行等は、特定障碍者の方がお亡くなりになるまで、財産を管理運用します。
特定贈与信託の一番のメリットは非課税枠が大きいことではないでしょうか。
通常、一年間に贈与を受けた額の合計額が110万円を超えると贈与税がかかりますが、この特定贈与信託を利用すると、特別障碍者の方については6000万円、特別障碍者以外の特定障碍者の方については3000万円を限度として贈与税が非課税となります。